入れ歯

失った歯の機能を入れ歯で補う

むし歯や歯周病といったお口のトラブルや、事故などで歯を失ってしまったとき、そのままにしておくと、精巧なバランスで成り立っている歯並びが崩れてしまうことがあります。失った歯の両隣の歯は、空いた場所に倒れこんできますし、咬み合う歯が伸びてくることも。こうなると咬み合わせの乱れにもつながり、全身の筋肉や骨格のバランスに影響が出てくることもあります。

現在、歯を失った場合の治療法には、入れ歯、ブリッジ、インプラントといった治療法があります。ブリッジは支えとする健康な歯を大きく削る必要があり、負担がかかってしまいます。また、人工歯根を顎の骨に埋め込むインプラントは保険が適用されないうえ、手術を伴うために、誰にでもおすすめできる方法ではありません。

これらのことから、齊藤歯科医院では、ブリッジを選択するか身体への影響が最小限に抑えられる入れ歯の作製をおすすめしています。お若い方の場合、見た目など抵抗があることもあるかと思います。当院では機能性だけではなく、お顔やお口元の印象に変化のないように配慮した入れ歯作りをしています。これから入れ歯をお作りになる方だけではなく、現在お使いの入れ歯でお悩みの方も、お気軽にご相談ください。

入れ歯の治療例

症例1 骨のない方の入れ歯

症例2 おさえ金具のない入れ歯

※かむ力が大きく、かみ合わせを金属で補強してあります。

齊藤歯科医院の取り扱い入れ歯

金属床義歯

金属床義歯

入れ歯の部位で歯ぐきに触れるところを「床」といいます。この床を金属で作る入れ歯が金属床義歯です。金属の強度・耐久性を活かした、軽くて薄い入れ歯になり、フィット感に優れたものが作れます。熱伝導性も高いため、食べ物の温度や味が伝わりやすく、おいしい食事ができるのもメリットのひとつ。使用する金属には、コバルトクロム、チタン、金合金などが選べます。

マグネットデンチャー

マグネットデンチャー

残った歯の根に磁石を埋め込み、入れ歯を磁力で固定するのがマグネットデンチャーです。入れ歯を固定するバネが不要なため、見た目にも自然な仕上がりとなります。強力な磁力で固定するので、しっかりと咬め、外れにくい入れ歯となります。

コーヌスデンチャー

コーヌスデンチャー

残っている歯に内冠をつけ、入れ歯の外冠との摩擦で固定する方法です。茶筒のフタが空気圧で外れにくいのを想像してもらうとわかりやすいでしょう。ぴったりフィットさせることができるため、装着時の違和感が少なく、しっかり咬むことができます。残った歯の寿命を長くさせることも期待できます。

シリコンデンチャー

シリコンデンチャー

生体用のシリコンでお口に触れる部分を覆った入れ歯です。シリコンの弾力が咬んだときの力を分散して受け止めるとともに、他の入れ歯にはない吸着力を発揮。クッションの役割を果たすことで、歯ぐきへの負担が小さくなります。

ノンクラスプデンチャー

ノンクラスプデンチャー

柔軟性のあるナイロン樹脂を使った、バネが不要な部分入れ歯です。使用する素材は歯ぐき色が近いため、見た目にも美しい仕上がりとなります。周囲に入れ歯だと気づかれにくいのがメリット。金属のバネがないので、部分入れ歯のデメリットであった歯への負担も少なくなります。

齊藤歯科医院がインプラントについて思うこと

インプラントは近年流行の治療法です。歯を一本から補うことができ、画期的な方法として多くの医院で扱われています。

歯周病などで歯を喪失された方は、歯のみを失ったと考えていませんか? 実は歯周病で歯を失っている方の多くが、周囲の顎の骨を失っている(痩せている)ことがほとんどなのです。インプラントは人工歯根を顎の骨に埋め込む治療です。顎の骨の強度が落ちているところへ、インプラントを埋め込むと大変だと思います。

さらに、インプラントのお手入れは天然歯よりも大変です。また手術のときには、お口の中に傷をつけることになります。この傷が治る過程でインプラントの種類によっては、周囲に上皮が入ってしまうことになります。こうなると、インプラントの周囲の掃除・お手入れはまったくできなくなります。また、最新技術をもってしても、歯を支える靭帯や歯根膜といった大切な機能を持つ歯周組織は再生できません。

このように、インプラント治療に関しては、まだまだ解決済みとはいい難い問題があります。流行っているから、みんなやっているからと安易に考えず、ご自分のお口の状況もきちんと踏まえたうえで最良の治療を選択してください。

東京都中央区|診療予約|齊藤歯科医院