歯周病・歯周外科治療

歯周病のことを知って、発症を防ぎましょう

歯周病は全世界でもっとも患者が多い病気であるとされ、30歳以上の日本人では、8割以上の人が歯周病にかかっているかその予備軍であるといわれています。それほど身近な病気であるにもかかわらず、はじめのうちは痛みなどの自覚症状がないため悪化するまで放ってしまう方が多く、日本における歯を失う原因第一位となっています。

歯周病とは?

歯周病は口腔内の細菌による感染症です。お口の中の歯垢(プラーク)や歯石の中で細菌が増殖し、歯ぐきをはじめとする歯周組織に炎症を起こし破壊していきます。放置していると、最終的に顎の骨まで溶け、歯が抜け落ちてしまい、全身の健康を蝕むというおそろしい病気です。

歯周病と免疫力

歯周病と免疫力

歯周病は感染症ですので、健康で免疫力の高いときにはほとんど発症しません。他の病気と同じように、免疫力が低下すると発症しやすくなるのです。免疫力の低下につながることは、たとえば、疲れ、ストレス、不規則な生活、喫煙などの生活習慣があげられます。また、加齢によっても免疫力は低下します。歯周病の発症が大人に多いとされるのもこのためです(最近は歯周病になる子どもも増えてきています)。歯周病を発症しないためにも、免疫力を落とすことの内容に規則正しい生活を心がける必要があります。

歯周病と全身疾患

近年の研究では、歯周病菌が血流にのって体内を巡ることで、全身疾患を引き起こすことが指摘されています。歯周病菌は組織に炎症を起こし血栓を作りやすいため、糖尿病、心臓病、動脈硬化、脳血管疾患、肺炎といった疾患を引き起こすおそれがあるのです。また、妊娠中の方が歯周病になると、早産や未熟児出産の可能性が高まるといわれています。

歯周病治療

歯周病を治すには、お口の中から歯周病菌を減らすことが第一。具体的には、歯周病菌が棲息する歯垢(プラーク)や歯石を取り除きます。なお、歯周病の進行の目安となるのが歯と歯ぐきの間にある「歯周ポケット」の深さ。歯周病の進行に応じて歯垢・歯石の除去も困難になるため、さまざまな専用器具を用いて処置を行います。

毎日ご自身で行う歯磨きでは歯垢・歯石をきちんと取り除くことは困難です。歯周病が進行する前に、歯科医院の予防歯科で、プロのクリーニングを受けることをおすすめします。

当院の歯周病治療~1DAYペリオメント~

当院では、1DAYペリオメントという新しい歯周病治療を採り入れています。いくら歯石を取ってお口のキレイを維持できたとしても、細菌感染症である歯周病とはイタチごっこになることが多いのです。この悪循環を断ち切るためにも、お口の中の細菌を1日でほぼすべて取り除き、免疫力を高める効果がある1DAYペリオメントを導入しています。

(1)Nd-YAGレーザーを照射して、歯石を軟らかくすることで除去しやすくします。歯ぐきの奥、歯周ポケットの奥の歯石もしっかり取り除きます。なお、レーザー治療はほとんど痛みを伴わないため、無麻酔でも痛みの少ない治療が可能です。

(2)殺菌水を使用してお口の中から、歯周病菌を除去します。使用する水は、高濃度次亜塩素酸の殺菌水です。温めて殺菌力を強化し、歯石を取りながら病原菌を殺菌していきます。

この治療法では患者様のご協力のもと、術前・術後の血液検査を行っています。さまざまな検証をさせていただいていますが、日本バイオセラピー研究所の研究結果からは、この歯周病治療による自己免疫力の向上も確認されています。

お口のケアに口腔機能水を使用しています

当院では、歯周病や虫歯の原因菌を減らすことを目的に、除菌作用を持つ口腔機能水(次亜塩素酸水)を導入しています。この口腔機能水はご自宅でも気軽にご使用いただけるもので、普段のうがいや歯磨きの際に用いることで、効果的な口腔ケアが望めます。また、今までの口腔洗浄水では除去できなかった口腔内のたんぱく質汚れや口臭の原因菌にも効果が期待できます。

東京都中央区|診療予約|齊藤歯科医院